Sony BRAVIA

Art Direction

A presentation movie for global store front. Instead of just filming beautiful scenery, the motion graphic was adopted to demonstrate the product's high-technology visual engine. By using minimalistic technique and a rich and delicate use of colors, I tried to prove that the motion graphics is not just another easy way to make video, but a motion canvas to create unique view of the world which can not be done in the real world.

グローバル向けの店頭映像。セールスの最前線で見せる重要な映像にあえてモーショングラフィックスを提案した。CGならではのソリッド感を生かして、削ぎ落としたミニマルな手法で、ディスプレイの持つ色彩再現能力を引き出すことに腐心した。実写を使えば奇麗な風景を見せれば済んでしまいそうなところを細かな色調をふんだんに使ってまとめた。モーショングラフィックス表現はイージーに映像を生み出す手段ではなく、実写にはない世界観を創ることができる現代の映像キャンバスであることを証明したかった。

Director : Seiichi Hishikawa

CGI : Takeo Saito, Tetsuro Tsuji, Takaharu Shimizu
Music : Tatsuya Yamada
Client : Sony Corporation

This video is open to public only for Seiichi Hishikawa's portfolio. Copying or downloading is strictly prohibited.