存在しない映画、存在した光景 - "Found Stories From A Movie That Doesn't Exist" Vol.1

Photo & Screenplay

This is undoubtedly a film. 
The film, however, does not exist. 

“Found stories from a movie that does not exist,” contemporary filmmaker Seiichi Hishikawa’s first photo & story series, is constituted by images extracted from a nonexistent film. The photographs, or “stills,” are fragments of stories that Hishikawa has encountered in various places over the years. He unconsciously releases the shutter and then imagines stories behind the cast of his images. The resulting works appear to be scenes from an unknown film for which Hishikawa has also prepared a dramatic soundtrack. This ostensibly photographic exhibition features “extracted stills,” “imaginary scenarios,” all of which reflect the artist’s uniquely filmic sensibility. 

これはまぎれもなく映画である。
ただし、その映画は存在しない。

この写真シリーズはこの世に存在しない映画のワンシーンというコンセプトで撮られている。映像作家である私が初めて写真という舞台で発表したもの。これまで訪れたさまざまな場所で遭遇した物語の一辺。ストリートでシャッターを切り、偶然写真に写ったその人物にまつわる「物語」を想像し、創作した。これらはまるでどこかに存在している映画のワンシーンを見ているかのようだ。「切り取った一枚の写真」「創造されたシナリオ」。存在しない映画であり、存在した光景である。

写真展は京都、東京、金沢、富山で巡回され多くの来館者を動員。写真集はVolume1が刊行された。

Kyoto Exhibition

Kyoto Exhibition

Kyoto Exhibition

Kyoto Exhibition


The Rye Field and the Sky.jpg

"The Rye Field and the Sky"  2009 Scotland

“Where’s mama coming from?”

The boy jumps around, crisscrossing the sidewalk, restlessly looking around for something.

The man leans against the fence and stares at the southern exit of th station. He does not seem to be looking for someone, but is staring intently at one place. He knows that no one will come, no matter how long he waits, but he does not want the boy to know this. He forces a smile and pretends that she is coming from the southern exit.

“In the letter, it said that she’s coming at four o’clock. It’s already past four!”
The boy looks at the clock tower again and again.

“Oh, there she is! Oh… that’s not Mama. She wouldn’t wear something like that – looks like a big walking carrot!”

He can’t help but to laugh at the boy’s comment.
“A walking carrot… that’s nice. We’ll need a big pot to make a soup out of that.”

ライ麦と空 2009 Scotland

「ママはどっちからくるの?」

人ごみの向こうに目を凝らしながら、ぴょんと跳ねたり、歩道をいったりきたりして落ち着かない様子の少年。

歩道の柵に手をかけて、駅の南のほうを見つめる男。探す様子もなく、一点をじっと見つめている。待っていても誰も来ない事を知っている。けれど、そのそぶりを少年にさとられまいと作り笑いをして、南の方向から来るかのように振る舞っている。

「手紙には4時に着くって書いてあったよ。もうとっくに4時を過ぎてるよ」
遠くにある時計塔を何度も何度も見る少年。

「あっ! 来た!  違った、ママじゃなかった。ママはあんな洋服は着ないね。あれじゃ、まるでニンジンみたいだ。」

思わず笑ってしまう男。
「ニンジン人間か。そりゃあいいな。スープを作るには大きな窯がいるな。」


Romantic Gunshot

"Romantic Gunshot" 2009 Scotland

“Look at him,” a man points at a man in suite walking on the other side of the street.

He suddenly throws the beer bottle at the man.
It crashes and breaks into smithereen on the street. The suited man looks in surprise and glances this way, but pretending he does not see it, he keeps walking away.

“Bastard!” the man yells. The suited man, as soon as he heard it, runs away.

He clicks his tonge in disgust, and yells out to his friends, “Shit, let’s go to a pub.”

“Thanks to guys like him working and paying taxes, we can keep going....”
“Yeah, that’s right, that’s right. He better keep working hard.”

The man grabs the beer a woman has been drinking, and drinks it down in one gulp.

“I sure ain’t planning to stay in this shit life of mine.”

ロマンティック・ガンショット 2009 Scotland

 

「あいつ見ろよ」
男が通りの向こう側にいるスーツを着た男のほうを指している。

すると突然持っていたビール瓶を男の方へ投げた。
ガシャン! と道路のうえで破裂するように割れた。スーツ男は一瞬おどろいて、こちらを見たが気にしていないようなそぶりを見せて、背中を向けて歩きはじめた。

「クソやろう! 」
男が怒鳴る。それを聞くと、スーツ男は走っていってしまった。

チッ
舌打ちをしている男に仲間が声をかける。

「つまんねえな。バーでもいこうよ」
「ああいうやつが働いて税金おさめてくれるおかげで俺たち生きていけるんだぜ。」
「ははは。そいつあいいや。その通りだな。がんばって働いてもらわねえとな」

女が飲んでいたビを男が取り上げて一気に飲み干した。

「おれは、このまま、クソ人生を続けるつもりはねえよ」


Liege station

"Liege station" 2008 Hungary

When the conductor turns around, he sees the woman standing there. She gestures to him as if to say she is carrying nothing.

“You didn’t come here to kill me...”

“Kill you? I don’t love you that much. I just wanted to see you.”

The man frowns, but his mouth relaxes slightly. He takes out a pocket watch and, without taking his eyes off of it, says,

“You know, when you are leaving...”

The woman interrupts him,

“I’m pregnant.”

リエージュの駅 2008 Hungary

鉄道員が慌てた様子で列車から身を乗り出してホームを確認している。出発が遅れそうな様子。見ていた逆の方向からふいに女の声がする。

「あなたの仕事姿、初めて見たわ。」
女が何も荷物をもたずに立っている。鉄道員が振り返ると自ら手に何も持っていないというジェスチャーをする。

「丸腰か。」

「別に殺しにきたんじゃないわ。会いにきたのよ。もっとも殺しにきたとしたらすでにあなたはこの私の声を聞いていない。」

鉄道員は眉間に皺を寄せたが、口元はすこしだけゆるんでいる。ポケットから懐中時計を取り出してそれを見ながら言う。

「7年ぶり。 か。おまえが家を出るときの。。」

女が鉄道員の言葉をさえぎるように話す。
「妊娠したのよ。」


Friendship

"Friendship"  2008 Belgium

 

“What are you reading today?”
The waiter, who brought over a glass of coke, tries to read the title of the book.

“Stop it, why should you care?”

Slightly irritated by the waiter – who is, after one of his few friends he has – the young man places his finger to mark the page he had been reading and sips on the drink.

The waiter watches him intently.
The young man slowly opens his eyes as he sips on the drink. Their eyes meet. He places the glass on the table.

“What do you want? Stop staring. You are creeping me out.”

The waiter gently looks at him and begins in a low voice,
“Why do you always drink coke without ice? That’s the only thing you drink… hey, why is that?”

And without waiting for the answer, the waiter walks away to the back to behind the counter. The fat man sitting at counter turns around to look at the young man as the waiter brushes past him.

フレンドシップ 2008 Belgium

 

「今日は何の本だい?」
コーラを運んできたウェイターが、無理矢理表紙を見ようとする。

「やめろよ。なんだっていいじゃないか。」

数少ない友人のウェイターに少し苛つきながら、読んでいたページに指を挟んだままコーラを飲む青年。

その飲んでいる様子をじっと見つめるウェイター。青年が飲みながら目を開けると目が合った。コップをテーブルに置く。

「なんだよ、見つめるなよ。気持ちわりいな」

ウェイターは神妙な顔をして低い声で話しはじめる。
「なんで、いつも”氷無しのコーラ”なんだ。 お前、それしか飲まないじゃないか。そろそろそのワケを教えろよ。」

そう言うと理由を聞かずにウェイターは店の奥へと入っていく。
すれ違いざまにカウンターに座っていた太った男が振り向く。


Letters

 "Letters"  2000 France

Mon Cher Paul,

The beautiful season of autumn has arrived to Paris. As Jacques Dutronc writes in Il est 5 heures, Paris s'eveille, I’ve been waking up at 5am every morning to go to the foot of the Eiffel Tower and breathe deeply. Last week, my friend Chloe and I traveled south to stay at Aix-en-Provence. Cezanne’s atelier is still there – you should have seen the soft light lightening the studio all day long from the big northern window. And, far away, Le Mont Sainte-Victoire. I could almost see Cezanne taking a walk in the garden. At the fountain in the city center, so many children were running around, and the quartet was playing, and everyone was smiling and laughing in the cafe. It reminded me of the past. This is what Paris used to be. Chloe and I forgot all about the time and talked and talked. I found a wonderful postcard, so I’m enclosing it with this letter. Have you settled in Belgium? Are you getting along with your dorm mates? Don’t drink too much Coke – just because your papa was very fond of it doesn’t mean you should take after him. You know you can return to Paris whenever you want. Your room is exactly the way you left it.

Your maman, Elise

1000通の手紙 2000 France

愛するポールへ

パリには美しい秋の季節がやってきました。ジャック・デュトロンが「それは5時、パリが目醒める」
と書いているように、毎朝5時に起きてはまだ暗いエッフェルの足元へ行き、深呼吸するのが日課になりました。先週はお友達のクロエと一緒にエクス=アン・プロヴァンスへ行きました。そこにはセザンヌのアトリエが今でも残っていて、北向きの大きな窓からは一日中優しい光が差し込んでいます。遠くにはサント=ヴィクトワール山がみえて、なんだかセザンヌがまだお庭を散歩しているのではないかという気持ちになりました。その街の旧市街にある噴水広場にはたくさんの子供たちが走り回り、カルテットが演奏し、カフェではみんなが笑っていました。ちょっぴり昔を思い出しました。パリではすっかり見れなくなった朗らかな風景に、何時間も時間を忘れてクロエとおしゃべりをしてしまいました。とっても素敵な絵の絵はがきを見つけたので同封しておきます。ベルギーの街は慣れましたか? 寮の仲間とは仲良くやっていますか? パパが好きだったからといってあまりコーラを飲み過ぎないでね。いつでもパリへ帰ってきていいですよ。部屋はそのままにしてありますからね。

あなたのママ エリーゼより


The Unknown Future

"The Unknown Future"  2003 France

A man – the Father – leads three ponies. Each pony carries his son.
The smallest pony pulls a small buggy. A boy rides the buggy.

“George, what are you going to be when you grow up?” the oldest brother riding the pony asks the brother next to him.

“Me, I want to be a chef. A three-star chef.” “You can’t be a chef, you can’t even catch a fish.” Two brothers begin to quarrel.

“I’m okay with dead fish, we only use dead fish for cooking!”
“That’s disgusting! You’re going to cook dead fish?”
“Isn’t it right, we only cook dead fish?”

Laughing, the oldest brother says, “You’re right. It’s cruel to cook a live fish...”

The youngest brother whispers, his voice erased by his two older brothers conversing, and with the wheels of the buggy.

“I... I want to be a doctor. I want to make my sister better. “

The father hears the whisper.
The father does not say anything; he is happy by the tight bond of his family, and keeps walking.

アンノウン・フューチャー 2003 France

三頭のポニーが父に引かれて歩いている。それぞれのポニーには兄弟が乗っている。そのうちの一頭に小さな馬車が引かれている。馬車には少年が乗っている。

「ジョルジュ。お前は大きくなったら何になるんだい?」
ポニーに股がって一番上の兄が隣にいる弟に話しかける。

「僕はね、シェフだよ。三ツ星の」「お前に料理なんか無理さ、魚がつかめないじゃないか」
二人の兄弟がとたんに口喧嘩をはじめる。

「死んでる魚は大丈夫さ、料理に使うのは死んだ魚だから大丈夫さ」
「うえええ、死んだ魚を料理するのかい? 気持ちわりいな」
「だっとそうだろ? ねえお兄さん、料理する魚は死んでるでしょう?」

笑いながら兄は答える。
「たしかにそのとおりだな。生きたままフライにするのは残酷だ。」

楽しそうな兄弟の会話と、馬車の音にかきけされた小さな声で馬車の中で少年がつぶやく。

「僕は。お医者さんになって、お姉さんの病気を直したい」

小さな声は父には届いていた。
父は何も言わず、家族の絆をかみしめるように、歩き続けている。