功名が辻 - Komyo ga tsuji

Art Direction

I directed the title sequence for the NHK Taiga drama 2006.  The young creators at the NHK CG room and I were so enthusiastic about making a representative of Japanese drama title. After negotiating over and over, we were allowed to use the actual historical art pieces as motion graphic materials. The opening soundtrack was recorded with Vladimir Davidovich Ashkenazy as a conductor. It was meant to attract young people to the drama and eventually became a presentation of Japanese traditional beauty.

2006年に放映された大河ドラマのタイトルバックを手がけた。NHK CGルームの若手たちとともに「これぞ日本のドラマだ」と言えるタイトルバックをつくろうと意気込んだ。そして、交渉を重ねて許可をいただき、本物の美術品の蒔絵や屏風を贅沢に映像の素材として使った。日本を代表する美術品を映像素材としてこれほど用いているのは後にも先にもこれ以外にないのではないだろうか。そして、タイトル曲の録音にはウラジミール・アシュケナージ氏が指揮を執った。大河ドラマを若い方々にも見てもらいたいと始まった映像デザインが最終的に日本の美学を追求することになった。

0002.jpg
0003.jpg
0004.jpg

Titleback Director : Seiichi Hishikawa

Drama Director : Taku Kato
Title Calligraphy : Kyoko Dan
CGI : NHK CG Room
Music : Reijiro Koroku & NHK Symphony Orchestra
Client : NHK

This video is open to public only for Seiichi Hishikawa's portfolio. Copying or downloading is strictly prohibited.